読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

α-ケンタウリ星通信

α-ケンタウリ星からお送りしています。

『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』(西尾維新)

f:id:decagon-bio05:20160831003943j:plain

 タイトルに特に他意はない。他意のないタイトルならばそれはタイトルというより「他意取る」ではないか、否タイトルから他意を取ったのは僕だからタイトル側からしてみれば「他意取られている」ではないかという向きがあるのももっともだが、とりあえずはこれ以上広がらなさそうな言葉遊びの真似事は打ち切って、感想を書いていこうと思う。

 

 お前はどこのお偉い書評家だという調子ではあるが、案外真面目にミステリしてたな、というのが読後の率直な感想で、というのもやはり読む前に「西尾維新だしなあ…」と思ってしまうことがある。しかし読んでみると、絶海の孤島、集められた人々、なにやら確執がありそうな登場人物たち、などなどいかにもミステリ然としたお膳立てに、死体の再利用(リサイクル)というトリック(申し遅れたが本記事もネタバレ有)ときた。言ってしまえばこれはたいして斬新なものではなくて、有名どころだとクイーンの『Xの悲劇』なんかはこれを使っている。かといって使い古されたという感じもせず、作者らしいクセのあるキャラクターとその語り口調に翻弄され、なかなか楽しめた。

 

 年を取ったせいか、シリーズものを読もうとするとすぐ疲れてしまい、あまり手を出さなくなってしまった。本当は、「ぼく」が戯言戯言うるさくなるのには何か理由があるのだろうかとか、玖渚に「いーちゃん」と呼ばれる「ぼく」の本名は明かされるのだろうかとか、哀川潤はこれからどう活躍するのかなど気になることはあるが、果たして続編に手を出すかどうか。森博嗣の小説なんかも同じ状態になっている。そういえば西尾維新森博嗣が大好きだとか……すると本作の「絶海の孤島」「天才」「死体再利用トリック」といったのは『すべてがFになる』と通ずるものがあるな、などとも思ったり。これまで「案外ミステリしてる」などと言ってきたがよく考えればこの小説はメフィスト賞受賞した作者のデビュー作だ。となれば初代メフィスト賞で自分の好きな小説を意識したパロディ的側面もあるのかもしれない。ちなみに、本記事にはこの作品のアニメ化に便乗してアクセス数を増やそうという側面がある。他意はありました。

 

 余談だけど、メフィスト賞ってヤバイよね。