α-ケンタウリ星通信

α-ケンタウリ星からお送りしています。

『逆行の夏』(ジョン・ヴァーリイ)

f:id:decagon-bio05:20160701002148j:plain

 ジョン・ヴァーリイ傑作選である。ヴァーリイを知らなかった僕は、そのとてもきれいな表紙と円城塔の推薦文を一目見て即購入したわけだが、非常におもしろい短編、というよりは中編集だった。また、今回も今回とて普通に内容に触れるので、未読の方はご注意ください。

 

 ヴァーリイの代表シリーズである<八世界>シリーズから、『逆行の夏』『さようなら、ロビンソン・クルーソー』の二編に加え、『バービーはなぜ殺される』『残像』『ブルー・シャンペン』『PRESS ENTER■』 が収められている。読んでいてまず感じたのは、この六編どれをとっても「人間の身体」がお話で重要な役割を担っていることだ(ただ『PRESS ENTER■』は少し違う)。

 

 『逆行の夏』

 性転換が当然になった社会の話。テーマがあるとしたら「性」と「家族」で、このお話にはなるほどなあと思わされる。こんな簡単に性を変えられる社会だからこそ、性によらないものが見えてくるってことなんだろう。それにしても、水銀洞の描写がとてもきれいだ。めちゃくちゃ気に入っている。

 

 『さようなら、ロビンソン・クルーソー

 老いから逃げた主人公ピリが、逃げている自分と決別すると同時に、逃げる前の自分に戻るという不思議な構図の話。途中の、精神は高齢の老人が、童貞みたいに初々しくセックスに及ぶというシーンはともすれば滑稽でもある。

 

 『バービーはなぜ殺される』

 バービーに属する者はみな容姿が同じであるだけでなく、「わたし」と言えないなど、徹底した個性の喪失が本当に不気味だ。そして殺人事件の起きた理由は、個性を持つことをフェティシズムにするものの制圧だったという。個性を失ったからこそ、そういうフェティシズムを持ったというのは、なんとも皮肉。

 

 『残像』

 これはすごい話だ。本当に。全盲全聾の人のためのコミュニティを訪れたある男の話を描いているのだが、そこでのやり取りを、文字通り言葉で表現できないものを表現している(感想すら言葉にしづらい)。ヴァーリイは本当によくこんなことを考えたなと思う。男がピンクに目と耳を潰される最後のシーンは、ただ単に怖いと感じたが、これはいわゆるラブシーンだとも思える。ハリウッド映画によくある、主人公とヒロインが夕焼けをバックにキスするのと、本質的にはなんら変わりないのかもしれない。非常に官能的で、圧巻だった。

 

 『ブルー・シャンペン』

 今話題のVRをさらに拡張したような、経験したときの感情までも得られるテープをめぐる話。ただ恋に落ちた瞬間の感情はテープにできないようだ。体が不自由な女優ギャロウェイは、簡単に言うとテープを利用したAV女優みたいなことをしているわけだが、クーパーとの恋に落ちた瞬間を売り飛ばす。なんというか、クーパーは典型的なダメ男みたいだ。二人の関係が、非常に苦々しい。

 

 『PRESS ENTER■』

 これだけ少し異質で、テクノ・スリラー風。ビクター、リサ、オズボーンがコンピュータの画面に何を見てあんなことになったのかはっきりとはわからないのだが、きっとネットワークに対し僕らが感じてしまう根源的な恐怖、みたいなものだと思う。

 

 さて、感想は以上だが、今回はあらすじみたいなものを極力短くした。個人的にはなるべく書かないほうが気楽でいいな。これからもこうしよう。ネタバレしてほしくない人は、こんなブログ見てないでアマゾンにでも飛んだほうがいいよ。ところで、ヴァーリイの<八世界>シリーズ全短編は創元から出ており、最近長編の「へびつかい座ホットライン」も早川から出たらしい。とてもおもしろかったから読もうと思う。

 

 終わりに、身体とSFについて

 SFは身体をテーマに扱うことがよくある。しかしふと、ヴァーリイは少しそれらとは違うのではと思った。というのは、(これは僕の感覚なので実際にはどうかは定かではないが)普通身体をテーマにするとなると、SFは「身体の疎外」を扱いがちであろう。例えば、身体を機械じかけにして脳(あるいは精神、というか意識というか)だけ残し、これは人間かアンドロイドか?みたいな(『イノセンス』とか)。一方でヴァーリイの作品群では、確かに人間の身体性は重要なテーマにはなっているが、あくまで身体が身体のまま変化している。身体を捨てて記憶をネット上に保存して延命したり、ヴァーチャル・リアリティ内のアバターとして、現実の自分と異なる自分を生きていたりするのでもなく、技術を用いて実際に身体を若返らせたり性を転換したりするのだ。そう考えると、書かれたのはだいぶ昔ではあるけれど、今までのSFより新鮮な感じさえする。果たしてヴァーリイがこれらを書いたこの時代における、身体をめぐる思想の潮流がどんなだったか僕は知らないけれど、少なくともヴァーリイは、人間の身体というものを重く見ていたようである。しかもおかしなことに、これもまた僕個人の感覚なわけだけど、身体を機械化したりするSFよりもよっぽど「身体」という概念をぶち壊しているようにも思える。つまり、「身体の疎外」系が「身体というものは人間にどれだけ寄与しているのか?精神との関係は?」という、一個人内部のことを主に描くのに対して、ヴァーリイが描いたのは「身体がこんな風に変わってしまったら、人々はどうなってしまのか」という、身体変化による社会そのものの移り変わりである。もちろんどちらのタイプもこれからたくさん読みたいけれど、近年ヴァーリイみたいな作品が目立っていないのは、もしかすると僕らの身体がアンドロイドの夢を見ているからかもしれない。良い感じのオチがついたからそれではまた。

 

                          (表紙画像は早川書房HPから)

 

『世界の涯ての夏』(つかいまこと)

f:id:decagon-bio05:20160518224214j:plain

 夏と言われると夏休みを思うのは人間の性である。さして友好的でもない「夏休みの友」と格闘したり、自由研究で去年やったテーマを少し変えてやったり、適当に書いたはずの読書感想文や作文が、大人の設けたよくわからない賞をもらってしまったり、友達とプールであそんで家に帰り蚊取り線香のにおいをかぎながら寝てしまって、夕飯に呼ばれて目を覚ましたりしがちなアレである。

 こんな感じで話の枕を展開しながらこの小説の感想につなげていくつもりだったがうまい運びができなそうなので段落をわけよう。ちなみにおっぱいの話題はあまり多くはない。インパクト狙いのタイトルでもあるので、見事それに引っかかってこのブログを見ている君は相当おっぱいに興味があると見える。悪いことは言わないから、少し慎んだほうがいい。

 

 地球はすでに<涯て>という異次元の存在に侵食され始めている、という設定のSF小説。この「すでに~され始めている」というのが大事だろうと思う。<涯て>の侵食は非常にゆっくり進むので、人々は世界の終わりがすぐそこにあるという状況に慣れてしまっているのだ。それゆえに、作品では本当に世界が滅びているのかと思うほどゆったりとした雰囲気が漂っている。人々の一種の諦観が表れているように感じる。

といっても人は(というか世界は)ある抵抗はしていて、それは<涯て>を人の脳の利用により演算処理してなんとかかんとかということらしい。話はそのシステムで重要な役割のタキタという老人が少年時代の記憶の中である少女と出会い、会社からゲームキャラクタのおっぱいのサイズをただ大きくしろという理不尽を押し付けられる3Dデザイナのノイは、タキタにその少女のモデルを依頼され、世界が<涯て>についてなにやら語る、という3つのパートからなっている。めんどくさいからここからはネタバレ全開である。

 

SF内容の疑問

 以下の疑問はもしかすると野暮なものかもしれない。ので、あまり本気じゃないメモ程度に書く。正直言って「祈素」の成り立ちというか歴史がよくわからなかった。そこは単に世界がそうしただけでいいのかな。そもそも世界がいろいろ思考(?)するというとこも。人は、人の器官で例えるなら世界にとって脳みたいなものらしいが、そうなると人の集合的な意識が世界の意識ということでいいのかな?まあ脳だけが必ずしも人の意識と密接につながってるかなんてわからないから何とも言えないか。あとは「ミウ」について。少女ミウは結局<涯て>のエージェントみたいな感じだが、だとしたらタキタの同級生と同じ名前だった理由は?タキタが脳内で無理やり(彼の少年時代には本当は存在していない)その少女の存在を保証するため?それとも<涯て>側の計らいなのか?母の名前も似てたというのも気になったけどミスリードってやつなのかな。

 

おわり

 上の疑問はあったけどもちろんおもしろかった。強いインパクトで印象に残るって感じではなくて、じんわりとおもしろいな、と思う。もうちょっと長いと上の疑問にもよりわかりやすいようになったのかもしれないけど、よく考えるとこの小説はあまり長くないほうがいいかもしれない。あまりふれなかったが、ノイが世界の終わりをまえにして、どうしておれはおっぱいのサイズなんかいじってんだ・・・?と葛藤しているさまも滑稽っちゃ滑稽ではあるが、非常にリアルでもあるような気がする。僕たちはたいてい、くだらないことにこそ悩んでしまう。そういうものだろうと思う。全体に漂う終末感もとてもよい。滅びというとやはり冬のイメージが強いけど、こんなやけに静かな夏というのも、世界の終わりにはぴったりだなと感じる。本当は最初に僕の青春時代の夏休みの思い出を書いてやろうと思ったけど、何も浮かばなかったっていうのは余談だよ・・・!!

 

 

 

 

『後藤さんのこと』(円城塔)

f:id:decagon-bio05:20160510010122j:plain

 みなさんどうも。ところでいつも思うのは、ブログを書く奴ってのはどうしてこんなにはじめに挨拶をしたがるんだろうかということです。わりと頻繁に更新してるやつだってなんでか毎回律儀に挨拶をしたがる。どうでもいいですか、どうでもいいですね。『後藤さんのこと』を読んだので、さも熟年ブロガーのごとく当然のように感想を垂れ流していきたいと思います。

 全体的に、よくわからないがおもしろいという結局いつも円城作品を読んで出る感想になってしまいます。短編集なので一編ずつ書いていきますか。

 

『後藤さんのこと』

 正直言ってよくわからなかった。まあこの作家の作品を読むと頻繁に抱く感想ですけどね。なによりも特筆すべきは色のついた文字がある、ということでしょう。例えばこんな風にね。そんな小説僕はみたことがないんですが、ほかにないんじゃないんでしょうかね。この色の表現でだいぶわけがわからないです。最初は色のついたところだけで独立した話になっているのではなどと考えたりもしましたが、勘違いでしたね。 深く考えるのはスルー。

さて、簡単なあらすじ。どうやら波動であると同時に粒子でもあるらしい「後藤さん」なる存在についてのいろんなエピソード。

結局後藤さんの正体だとか、そういうんじゃなくてそれをめぐる混乱が楽しかった。個人的に後藤さんが月曜は粒子、火水は縦波、木金は横波、土日は会社休みだからわからんというのがツボにはまりました。サラリーマンなんだよ、後藤さん。

 

『さかしま』

 最初の「README」で爆笑しました。が、わけわからん。僕には何も言えない。この方の考察が面白かったのでみてみてください。↓

d.hatena.ne.jp

さかしまってわけわからんことで有名な本のタイトルで、この小説はそのパロディだったのかな。

 

『考速』

 これもわけわからん。光速とかけている、うん。思考する速度が光速を上回れば云々・・・いや、違うか。そういえばSFマガジン4月号でそんな感じの短編載せてたな。途中挟まれる詩(?)とダジャレ(?)で頭がくらくらする。

 

『The History of the Deciline and Fall of the Galactic Enpire』 

 99の短文で紡がれていく、銀河帝国(自称)興亡史。これはもはやツイートの形式かよ。笑ってしまったやつをいくつか抜粋。

01:銀河帝国の誇る人気メニューは揚げパンである。これを以て銀河帝国三年四組は銀河帝国一年二組を制圧した。

 

02:銀河帝国の誇る人気メニューはソフト麺である。出汁派によるカレー派の粛清が滅亡を促進したとの見解がある。

 

09:銀河帝国にまつわる七つの噂があるという噂がある。そういう噂はないという噂もある。

 

30:偽銀河帝国の髭は黒い。

 

70:先輩の第二銀河帝国が欲しいのです。

 

84:燃える銀河帝国は火曜日と金曜日、燃えない銀河帝国と資源銀河帝国は木曜日、大型銀河帝国は別途申し込みが必要。

 

ガベージコレクション

 間違っても提督の出番はない。お間違いなきよう。

ある系(計算過程)において、入力されたものが100%出力されるわけではないことは熱力学的に自明。その際に出るガベージ、ゴミデータの中に見いだされるもの、あるいは見出そうとする観測者、といったところ?これも難解。

 

『墓標天球』

 ガーイ・ミーツ・ボール?いやいや、ボーイ・ミーツ・ガール。あるいは、α・ミーツ・β ときどきγ。という感じです。これから出会うはずの少女とすでに出会っていること、あるいは、すでに出会った少女とこれから出会うということ。雑に言ってしまえば少年と少女の間で時間が逆行しており(正確には立方体の展開図のジグザグのやつの順番に)、それをすでに少年としての役目を終えた「私」が見守る。新しい形のボーイ・ミーツ・ガールです。自分の感想だけど見返すと意味が分からない…。

 

全体的に

 全体としては、正直他作品と比べると難解すぎていまいちおもしろくないな、という感じでした。まあSREとかが傑作すぎるんですけどね。『エピローグ』『プロローグ』の文庫化まだか~。

 

 

 

 

『月長石』(コリンズ)


f:id:decagon-bio05:20160419105405j:image

物語とは不思議なもので、おもしろいのと退屈なのが一つの物語に共存してたりする。ここはよかったけどあそこは駄目だったなんて僕ら普通に言うけれど、総体としてどうかと言われると、はてと困る。果たして物語を部分にわけたときの評価をただ平均するだけでいいんだろうか。部分どうしを合わせて一つの物語ととらえることで、それはもはや部分の物語とは別の物語となってしまわないだろうか。
 
 本書『月長石』を読んで僕はそう思ったのだが、これ以上考えは進まないので一旦中断。
 
 『月長石』はウィルキー・コリンズによる長編(一応)推理小説である。一応と言ったのはこれが推理小説かどうかを巡ってオジサンたちがめんどくさい議論を戦わしていてよくわからないのだが、創元推理文庫から出てるからね、一応ね。
 
 簡単なあらすじ開始。
インドの月長石と呼ばれる秘宝を巡って悲劇が起きる。
簡単なあらすじ終了。
 
 T.S.エリオットがうんたらとかポーがどうのとか言ってるが、的を得ているのはこの言葉である。
「物語的興味と論理的推理とが一体となった古典的名作」
論理的かどうか言い出すとまたうるさいので置いておいて、物語的興味、まさにこれにつきる。読み始めると前半は少しだるいが、中盤から後半にかけての二転三転するお話の展開から目を離せない。そうくるか……え!次はそう!?え、今度はそっち!?と振り回されること請け負いである。
またこの物語の特徴として、各章が異なった人物の手記という形態をとっているというのがある。個人的には二番目のクラック譲の語り口が非常におもしろい。彼女は宗教にイカれてて、周りの人をなんとか改心させようと躍起になるのだが、ことごとく失敗する。それでもめげずにしつこいところが滑稽で笑わせられた。
ある人の語りではさして重要でなかった人があとになって新たな語りとなって出てきたりして、意外性もある。
 
 こういうお話につきものなロマンスなんかもありまして、非常にエンタテインメンツな作品。おもしろかったです。推理はあるけどたぶんメインじゃねえな。
ちょっと長いけど、「物語的興味」を追えばすぐ読み終われるね。 

『100%月世界少年』(スティーブン・ダニー)

*1
f:id:decagon-bio05:20160318001123j:plain
本ブログで感想を書く記念すべき最初の小説は、スティーヴン・タニー著『100%月世界少年』。わりと最近出たやつ。どうでもいいけどこの題名で忍たま乱太郎の主題歌思い出した。

あらすじ

簡単に言えば月に住む少年が、同郷の女の子と地球から来た女の子どっちをとろうかしらと迷っていたら月世界の裏事情に気づきさあ大変!という話。だいぶ乱暴にまとめたがこんなんで十分。第四の原色とか月世界兇眼症とか出てくるけどまあ読めばわかるよ。

おもしろくならないはずがない

タイトルにもあるように、僕は青春、SF、陰謀の三要素は最強だと思う。おもしろいことが保証されてるようなもん。どれかが偏ってるわけでもなし、すごいよこれ。ここまでべた褒めだからもう少し厳しいことを言わせてほしい。要するに娯楽的すぎる。

別に悪いわけじゃないんだけどね。良くも悪くも一般娯楽といえる。おもしろいSF設定がいくつもあるのに、触れてないところが多かったりしている。ただこれは現時点で、という条件付き。というのも、読めばわかるけどこれ続編あるんだよ。まだ全然事態が収拾ついてないから、これからSF要素も濃くなってくるんだろう。

 

また、描かれている恋模様については、正直いってこの段階では月の女の子の圧勝でしょう。お話の7割くらいは月の女の子といちゃついてたからな。たださっきも言ったように続編があるから、次は地球少女のターンかもしれない。そういえば舞台は月だったし、次の舞台は地球だといいな、この世界での地球がどんなかよくわからなかったし。

おわりに

この小説は日本ではつい最近出たばっかりだけど、もう映画化が決まってるらしい。こりゃ売れると思う。映像的にも見せ場があるし、お話も映画にしやすそうだしな。
さて、ブログという形式で小説を読んだ感想を書くのは僕ははじめてで、やってみてとっちらかってるなって感じがしている。あと予想以上に時間かかる。おいおい文章が上達することを願おう……。最後まで読んでくれた人ありがとう。

*1:ここに脚注を書きます

お詫びと訂正

前記事の三行目
誤:「たまに変なことを言うかもしれません。」
正:「いつも変なことしか言いません。」

ごあいさつ

こんにちは、アルファ・ケンタウリ星人です。主に読書して思ったことを書きます。SFとミステリが多いです。たまに変なことを言うかもしれません。よろしく。